中学時代からの友と思い出話と美味しいランチ(そうだ京都にいこう!)

コロナが少し落ち着いてきた先日、中学時代の友人と大好きな京都で美味しいランチを頂きにいきました。

大好きな京都。コロナのおかげで今は人が激減しているけれど。経済的には大打撃かもしれないけれど私は、本来の京都が戻ってきたようでとっても嬉しい。

お店の名前は 膳處漢ぽっちり京都 元呉服商の店舗兼住居をお店にリノベーションしたそうです。大変趣があっておしゃれで、落ち着いたお店でさすが京都!!11時30分からの予約でした。少し前につきましたが、もう何名かのお客さんが待っていました。ここ、前は海外からのお客さんですっごいにぎわっていたんだろうなって思いました。

北京料理になるのかな。いただいたランチコースはふかひれ美人膳 ¥6800円(税・飲み物別)

どのお料理も大変美味しくって、とくにふかひれは最高でした。京都にまたリピートしたいお店が一つ増えました。

そのあとは京都リッツカールトンのものすごく座り心地のいいソファで美味しいお茶を楽しみました。

学生時代の友人との関係って不思議なもので、何年も会ってなくっても、顔をみて一言しゃべりはじめた瞬間に、あの頃の関係にすぐにもどれる。気負うことなくストレスなく色んな話ができて、いろんな相談ができて、時間がたつのがあっという間で。で、また会うのは多分1年か2年か、でもまた会えば、昨日もあっていたように話に花をさかせる事ができるってとってもいい関係だなぁって思う。そして私は私の学生時代はほんまに幸せやったんやぁってココロの中で感謝する。

さて、また今日から新しい一日が始まった。

友よ、どうか元気で、どうか幸せでいてくれますように。

そしてまた会おう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

はじめまして。ちゃまと申します。
忍び寄る老いから必死に逃げる56歳アラフィフ女子です。
大阪生まれの大阪育ち、バリバリの大阪のおばちゃんです。
私は自分の身に起こったマイナスな事をすべてプラス思考に変換できるココロをもっています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる